「長く歩くと太ももやお尻を叩きたくなる」  その原因 & 自分で改善するには?の改善方法

MENU

こんな悩みはありませんか?

「長く歩くと太ももやお尻を叩きたくなる」  その原因 & 自分で改善するには?

長時間歩くと太ももの外側が痛くなり、叩いてしまう・・・真の原因と対処法

 

「信号待ち」の時、立ち止まったまま自分のふとももをドンドン叩いている女性を見たことありませんか?

 

あなた自身に思い当たる節が既にあるかも知れません。このような症状は背骨の歪み、股関節の歪みを解消することで消失されます。

 

既に病院で検査をしたことがおありかもしれませんが、腰が原因であるとか股関節の隙間が少し狭くなっているなどという診断に留まってしまっているのでは?原因をはっきりさせることが大事です。

 

女性にとって股関節は「弱点」になり易いです。40~50歳で一度、メンテナンスしておくと良いです。そうすれば大丈夫です。

 

股関節のゆがみ成り立ち:

股関節は勝手に悪くはなりません。必ず日常生活中の動作に偏りが生じていて、それが偏った筋肉を作り、動きが恒常的におかしくなるのです。これが、軟骨のすり減りや骨の変形につながります。

 

日常の偏りがちな動作①

普段から足を組んでいると、組んでいないと落ち着かない感覚になっていきます。デスクワーカーの足を組む回数は非常に多いため、股関節の歪みはどんどん大きくなります。

 

 日常の偏りがちな動作②

ソファではこんな座り方を好むようになります。右を内に捻り、左は外に開いた下のような姿勢を無意識にとってしまいます。

 

①②のように右の股関節が内側へ回ると、下写真のこの部分(=骨頭)が後ろに移動します。

 

 

*股関節が本当にに悪くなってくると、足を組んだ状態から立つ瞬間、何かが右の股関節に引っかかったような症状が出てきます。変形する直前の症状に近いです。

 

 

せぼね研究室の目標は常に「患者さん御自身の健康自立」です。患者さんに自己管理できる整体法をマスターしていただく事です。健康保険の負担比率が上昇する今後、この考えはかなり重要なものになっていくと考えています。

 

 

「太ももの骨 歪み解消 ながらトレーニング」

座った状態で、違和感やポキポキ音がある側の太ももを両手で外へねじってください。太もものなるべく付け根が良いです。

 

ひねった状態のまま、下写真のように上下に3回くらい足を動かしてください。ひねったまま上下運動させるのがコツです。下げた際、ひねりを解いてはいけません。

これはデスクワーク中でもできますね。「ながら」的にやるのがコツです。人間の脳は、学習する機能がありますから、1度に100回行うよりも、時間をおいて、1日に数回繰り返す方が、疲労を起こさずに正しい位置を股関節(=太ももの骨)に再学習させることが可能です。

 

補足:

「背骨の歪み修正  ながらトレーニング」

「太もも歪み ながらエクササイズ」を行っても進捗が今ひとつの方は、併せて右のわき腹を伸ばしましょう。。身体全体を左に倒しつつ、右のお腹付近をしっかりと伸ばすことです。股関節の筋肉はお腹まで繋がっているため、このストレッチが効きます。

 

 

まとめです。

・股関節の痛みは腰痛と混同され易い。

・歪みが生じると足を組んだり、横に崩して座りたくなる

 

行うべき事:

1 まず太ももの骨を正しい位置に戻す

2 さらに根本である背骨を修正するためには右のわき腹を伸ばす

 

☆股関節を悪い状態で放置すると、将来、かなりの確率でお隣の「膝関節」を傷めやすいです。

 

☆40~50歳、おそくても60代の前半で一度、「せぼねチェック」をお勧めします。

 

メールでの「予約」及び「お問い合わせ」「ご質問」は、お手数ですが下記アドレスへお願い致します。

info@kido-medi.com

or

kenseitai0607@gmail.com

3日以内に返信させていただきます。

ご予約の場合は、

①氏名 年齢 

②症状

③希望日時と時間

の記載をお願い致します。

 

マイカルテ

にて歪みの状態を共有させていただき、

 

痛くない施術スパイラルトリートメント(=関節を正しい方向へ緩やかに回旋させる施術法)

で膝~股関節の歪みを取り、

 

歪み解消トレーニング

で間違った「動き」を修正することにより、再発しないしくみを一緒に作成しましょう

 

「お知らせ」

火曜日のAM 10:00~11:00の時間限定で、無料電話相談実施中です。

 

腰痛、臀部痛、膝関節痛、股関節痛でお悩みの方。行うべき体操・動きなどについて無料にてアドバイスさせていただきます。ご利用ください。

 

☎ 052‐332‐4171 です。

 

関連アーカイブ:

休めの姿勢で股関節チェック

股関節痛  改善の例  名古屋  あらゆる痛みを背骨から改善 せぼね研究室

患者さん御自身も股関節痛・臀部痛のメカニズムは知るべき。股関節の痛みカテゴリー分け  名古屋  整体  慢性痛専門  せぼね研究室 

腰のねじれを取らないと股関節の痛みは取れない  名古屋 慢性痛を背骨から改善  せぼね研究室

関節(股関節)は壊れた電化製品ではありません=叩いても治りません  慢性痛を背骨から改善 名古屋 中区 東別院駅徒歩4分 せぼね研究室

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける