股関節のねじれを取らないと膝の痛みは取れない  名古屋 名古屋 東別院徒歩4分 慢性痛を背骨から改善  せぼね研究室の改善方法

MENU

クリニックブログ

股関節のねじれを取らないと膝の痛みは取れない  名古屋 名古屋 東別院徒歩4分 慢性痛を背骨から改善  せぼね研究室

基本的に膝に痛みがある時はもちろん、膝のどこかに傷があるはずです。それが、レントゲンやMRIなどに写る明確なレベル(=骨や靭帯、筋肉等)なのか、写らないレベル(=皮膚、筋膜等)なのかという相違はあるものの、間違いなく傷があります。だから痛みや違和感が出ているのです。

 

しかし、その傷がどうして付いたのかはあまり世間では気にしない、気に留めないよう?です。

 

私は物凄く気になって仕方が無い。そして、至った結論としては、膝関節は股関節次第だという事です。(*あくまで当研究室の見解です)

 

下図をご覧ください。骨盤‐股関節部分を前から見た図です。

膝の痛みは圧倒的に内側が痛む場合が多いですが、その要因を示した図です。膝の痛みは実際、データ的にも女性に多いです。そして、骨盤が広めの女性に多いようです。

骨盤が広い女性が陥る関節の状態はまず、内股です。膝が悪い人を見ると、一般的にはガニ股(=O脚)が目に付きますが、そういった方は正直なところ、かなり症状が重症化した人です。成り立ちとしてはまず内股になり、ひどくなってくる(=骨や軟骨の変形)に従ってガニ股となるわけです。

 

具体的に言えば、股関節が内へ向き、それを調整するために膝関節が外に向くのです。(*上図 左足側)

 

言いたいのは結局、膝の歪みはいわば「副産物」だということ。大元は股関節であるわけですから、その部分の調整が一番有効だと当研究室では考えています。

 

名古屋 中区 東別院駅徒歩4分 あらゆる慢性痛を背骨から改善

せぼね研究室    0523324171   電話完全予約制

 

 

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける