「運動した後、あちこちの関節が痛くなる」 ~実は背骨の形が悪い証拠~ の改善方法

MENU

こんな悩みはありませんか?

「運動した後、あちこちの関節が痛くなる」 ~実は背骨の形が悪い証拠~ 

 

「運動した後、あちこち痛くなる」 ~実は背骨の形が悪い証拠~

 

運動した次の日、体のあちこちが痛くなる人はいないでしょうか?

筋肉痛とは別の種類の嫌~な痛み。

 

首、背中、腰、股関節、膝、足首。

 

 

結論を言えば、それは背骨の形の悪さに原因があります。

 

背骨というのは、身体の支柱であるばかりでなく、衝撃を受けた際のクッション役にもなります。形の悪い背骨はその役割を果たすことができなくなっています。そのため、各関節に響いてしまっているのです。

 

    左図=異常      右図=正常

 

特徴:頭が腰の上に無い  特徴:頭は腰の直上にある

               背骨には2つの反りがある

 

運動をする前にまず、生活習慣を見直すと共に、次の2点を行いましょう。私も時々、行っている超簡単エクササイズです。

 

見直すべき生活習慣:

・まず、座っている時間をなるべく減らしましょう。デスクワークの方でも2時間ごとに立ち、少し歩いてください。

 

・座っている時に足を組むのも辞めましょう。

 

・あぐらや座椅子、体操座りも背骨の形を圧倒的に悪くしますので控えます。

 

簡単エクササイズ:

そして、その上で「四つん這い」と「正座」を一日に2回行います。騙されたと思って2~3週間行ってみてください。まず背中の筋肉が張ってくるはずです。そうなれば「良い兆候」です。体を支える脊柱起立筋に力が宿ってきた(=戻ってきた)証です。

 

頭は楽な位置でOK。力は抜きます。

 

つま先は立てましょう。

 

 

四つん這い後は必ず正座します。その時、背中を意識して締めると共に胸を前へ出します。思い切り、深呼吸もします。5秒間くらいそのままの姿勢を保ちます。

 

最初は背中や腰が張って、苦しい感じがするかも知れませんが慣れてきます。背中の筋肉が馴染んできた時期が「運動開始」の合図。

 

もう、運動後の痛み・こわばりとは無縁になるでしょう。

 

一度、背骨チェックをされたい方はぜひ来院ください。

背骨の構造なども丁寧にお伝えさせていただきます。

 

名古屋  整体  背骨矯正  せぼね研究室   

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける