よくある質問 具体的に、どんな施術法及びトレーニング法ですか?

MENU

よくある質問

具体的に、どんな施術法及びトレーニング法ですか?

 

施術には、

①関節モビリゼーション

②スパイラルトリートメント

 

その後のトレーニングには、

③PNF(=proprioceptive  neuromuscular  facilitation)

④歪み解消トレーニング(=動きの歪みを修正)

を用いています。

 

それぞれの目的は、

①関節の歪みを矯正

②筋肉の捻れを解消

③力の落ちた筋肉を賦活(=活性化)

④間違った動きを正しい動きに修正

 

画像:

①仙腸関節を矯正しています

症状=臀部の痛み、足の痺れ

 

 

②太ももにある筋の捻れを取っています

症状=膝の痛み、股関節の痛み

 

 

②肘にある筋の捻れを取っています

症状=肘の痛み、肩の痛み、腱鞘炎

 

 

③右手首にある筋や、胸にある筋の力を増強させています

症状=投球パフォーマンス改善、格闘技のパンチ力向上

 

太もも内側にある筋肉の増強をしています

症状=片足での立ちにくさを改善(=サッカーキック時の軸足安定、走行時の左右安定性向上)

 

 

④しゃがむ動作で背骨が右に倒れてしまう(=患者さんは無意識)

動きの修正と、しゃがむと膝が内側へ入って音が鳴る動きを修正しています

症状=屈み仕事で、いつも左の背中だけ凝る・張る、しゃがむと右膝に違和感が出易い・ポキポキ音がする

 

 

①~④いずれも、強い力を加えることは致しません

 

もちろん、痛みが強い時期(=来院当初かと考えます)は無理なトレーニングを課すことはありません。症状を診て、適した対処をさせていただきます。

 

 

また、施術プログラムの目的は必ず説明させていただきます。

 

 

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける