慢性頭痛の原因は背中の緊張。 名古屋 慢性痛専門整体 せぼね研究室 の改善方法

MENU

クリニックブログ

慢性頭痛の原因は背中の緊張。 名古屋 慢性痛専門整体 せぼね研究室 

慢性の頭痛というのは結構、謎である場合が多いですね。当院の考え方は、背骨に成因を求めます。

 

基本的に慢性頭痛をお持ちの方の背中を診ると、その多くは丸まっている事が多い。そしてこの事が頭痛要因を作っているようです。

 

頭皮というのは元々がかなり緊張している(=あまり動かない)ものですが、デスクワークなどで猫背になってくるとより、頭皮がカチカチになっていくようです。丸まった背中の筋や皮膚が頭皮を引っ張ってしまうからです。(*あくまで背骨研究室の考えです)

 

もちろん、頭痛には命に関わるものもありますので、まずしっかりと検査(=MRI、CTなど)をしておく事をお勧めしますが、頭蓋内に特別な所見が無ければ次の方法をお試しください。

 

基本的に慢性腰痛(=立っていると腰が痛くなる、仰向けで寝ると腰が痛むなど)が無い事を確認し、タオルを2枚くらい重ねたまま丸めます。円柱形のタオルを作成します。

 

そして御自分の肩甲骨の下あたりに円柱形タオルを横向きに挿入します。その状態で15分くらい寝ましょう。その状態から手を「バンザイ」するとより、背中の丸まりは解消しますが、腰にキツさを感じたり、両腕が痺れてきたりしたらバンザイは中止しておきます。

 

夜、寝る前が良いですね。毎日15分です。最低、3週間は行わないと身体というのは変化してきませんから、ちょっと面倒かも知れませんが頑張ってください。「慢性」が数週間で改善すればかなりお得だと考えます。

 

名古屋市中区の慢性痛専門整体  せぼね研究室  慢性腰痛

慢性頭痛  慢性股関節痛  慢性膝痛   

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける