安定した背骨という支点があって初めて手足の筋肉には力が入る  名古屋 整体 背骨矯正 せぼね研究室の改善方法

MENU

クリニックブログ

安定した背骨という支点があって初めて手足の筋肉には力が入る  名古屋 整体 背骨矯正 せぼね研究室

背骨はミサイルの発射台みたいなもの。物理学的に言えば、力の発揮には安定した「支点・土台」が必要であるということです。これは人体も同じ。支点がグラグラしていては筋肉に力が入りませんし、遠くへ力を届かせることもできません。

姿勢が良いという事は、一般に背筋が伸びていることを指しますが、実際に大切なのは重心の位置。下イラスト、下半分に人を横から見た模式図を載せましたが、下右のように自分の足元へ垂直に落ちる重心が正しく、下左のような前へ垂直に落ちる重心が異常。もちろん、背筋が反り過ぎて後ろへ落ちるのも異常です。そして、重心が正常であればあるほど体の各部位にしっかりと力(=筋力)が入ります。

 

昔から、親やおじいちゃん、おばあちゃんに「姿勢良くしなさい」と言われた人はいたと思いますが、これには根拠があります。

 

姿勢の良い子供の方が、手足もよく動いたのでしょうね。昔の農作業には子供の労働力も非常に大切なものだったと推測されます。

 

翻って現在は、丸まってゲームをしている子供ばかり。ゲームを全否定するわけではありませんが、そういった子はこの先、肩凝りや腰痛の温床になるばかりか、手足の障害も増えてくるでしょう。

 

24個の背骨、1度チェックしませんか?

 

慢性痛を背骨から改善する   名古屋  中区  せぼね研究室

慢性腰痛  慢性膝痛  慢性股関節痛  再発するぎっくり腰

0523324171   電話完全予約制   日祝休

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける