生活習慣と膝のコンディション 名古屋  整体 せぼね研究室の改善方法

MENU

クリニックブログ

生活習慣と膝のコンディション 名古屋  整体 せぼね研究室

いきなりですが、皆さんはご自分のクセを把握しているでしょうか?

 

「無くて七癖」とはよく言われるところですが、七つまでは無くても

誰でも2つか3つくらいは癖があるようです。

癖の動作=悪いということではないです。要は、

「癖の動作 = 偏っている = 悪い」

ということです。

膝で言えば、多いパターンとして

・座っているときに無意識に足を組む

・長時間座る際、膝を曲げてどちらかの足裏を自分の尻下に敷いて座る

・床やジュータンに座る際は、足を横に崩して座る

・靴の紐などを結ぼうとしゃがむ時、大抵、どちらかの足を前に出す

・仕事では、どちらかの足を前に出しての作業をしている

・就寝時、気づくとどちらかの足が挙がって寝ている

・スポーツ(特に偏って体を回すスポーツ・・・野球、テニス、バレー、ゴルフ等)

当院でやっていることはといえば、そういった今までの「偏り遍歴」の帳尻合わせ。

 

本当は、自分で悪くなったからだを、自分で治せないわけないんです。難しいのはやはり、癖に気付くこと。そして、それを修正する体の動きを知ること。

 

さらに、膝関節痛、股関節痛、頭痛、腰痛などは明らかに背骨の傾き・捻れ・丸まりが関与しています。

 

当院では、慢性痛の患者さんに対して、他院ではないアプローチ法で持続的な成果を出す方法を提案させていただいております。

 

長年、膝の痛みにお悩みの方。ぜひ一度、ご来院ください。 

 

せぼね研究室  052 332 4171  名古屋市中区の整体

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける