股関節と膝の痛みは連動する 38歳 男性 消防士さんの施術経過 名古屋 せぼね研究室  の改善方法

MENU

クリニックブログ

股関節と膝の痛みは連動する 38歳 男性 消防士さんの施術経過 名古屋 せぼね研究室  

先月に来院された消防士さんの経過です。

 

半年前から右膝が痛み、さまざまな治療法を既に試されていました。痛みの位置は右膝の内側、関節よりも少し下の部分です。(鵞足という部分)

トレーニングに長いジョグ(*消防士さんはほぼ毎日、トレーニングするんです)が入ると、右の股関節=鼠径部にも鈍い痛みが出る。

 

「病院ではレントゲンとMRI。少し、関節の消耗があると聞いたけど、いわゆる「様子見」でしたね。」

 

この、「様子見」。

一番やっかいですよね???

 

せぼね研究室は「股関節歪みチェック」ができますので大丈夫です。問診、動き方、視診などを組み合わせて判別していきます。

 

この方の右股関節も大きく内側へ回旋した歪み(=偏り)を示していることが判明しました。消防士さんの訓練も結構、右足を軸にしたり、普段から偏った動きをするんですね。私も勉強になりました。

 

膝の痛みにはまず、大抵、股関節の予兆があったはずなんです。しかし、なかなか認識はできないように感じます。違和感ってしばらく経つと忘れてしまうんですよ。

 

言いたいのは、ある部位に痛みがある時、その痛い部位よりも1つ手前の関節を疑うという事です。膝の痛みなら、よくチェックすべきは股関節なんです。

 

その調整と、家での自己エクササイズ、普段から控えた方がよい動きを伝え、10日後に可能であれば来院をという提案をさせていただきました。せぼね研究室では次回来院の強制はしません。

 

コロナの影響もあり、外出を控えたい人も多いですので、生活上の注意点とセルフエクササイズ(=個人個人で違う、オーダーメイドです)をしっかり伝える事を最重視しています。最終的には患者さん自身で痛みや歪みをコントロールできる状態が一番大切だと、以前から考えております。

 

何より、

「原因が分かった事が収穫です!!初めて言われた事ばかりだったけど、説明を聞いて納得です!」

の言葉が私には嬉しかったです。

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける