くびれたければ「腹腔」を拡げるべし。名古屋  整体  背骨矯正 せぼね研究室 理学療法士を所持する整体師が行う姿勢指導 の改善方法

MENU

クリニックブログ

くびれたければ「腹腔」を拡げるべし。名古屋  整体  背骨矯正 せぼね研究室 理学療法士を所持する整体師が行う姿勢指導 

背骨の施術をして姿勢が良くなると、途端にウェストがくびれて見えることがあります。実際にウェストを計測すると、3センチくらいは縮んでいることが多いです。

こういったデモンストレーションは、よくTVでもやっています。一見すると魔法のような感覚を覚える方もいるかもしれませんが、実は確かな要因があります。

 

これは腰椎という背骨の部分が反って、「上半身」と「下半身」の間にある空間(=腹腔といいます)が拡がった影響なのです。

 

いわば、アコーディオンが拡がった状態に近い。アコーディオンは伸びれば細くなりますよね。

 

そして普段からこの姿勢にあれば余分な筋肉は付かなくなり、女性であるなら美しいボディライン(=くびれ)を保てるようになってきます。頑張って辛く地味な(?!)腹筋運動を行う必要もありません。

 

ですので、背骨が丸まった状態でお腹周りに運動をしてもほとんど「くびれ」は出てきません。逆に腰椎が過剰に丸まり、ヘルニアの原因になったりします。

 

くびれたい人のすべきは、

①「四つん這いポーズ」一日3分×朝と夜

 

②普段からおへその少し上をほぐす(=呼気で軽く押す)

 

③ほぐした部分を伸ばす

 

既に「腰椎分離症」や「腰椎すべり症」と診断されている人、腰痛がひどい人は行わないでください。

 

美しい「くびれ」を得たい方はまず背骨の反りができる動き、「腹腔」を拡くしていく動きをしてください。

 

 

背骨に関して正しい知識を発信するブログです。デスクワーク全盛の現代、背骨の退化は末期的。さまざまな病の温床になっています。

 

このブログを見ていただき、さまざまなノウハウを身に付けてもらうことにより、将来的には自分の身体を自分で管理できるようになっていただきたく事がせぼね研究室最大の目標です。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

名古屋   整体   背骨矯正    理学療法士国家資格を所持する整体師が施術する「背骨矯正」と「姿勢指導」 

一覧に戻る

CATEGORY

ARCHIVE

あなたのあきらめていた
を解消します
せぼね研究室へのご予約お問い合わせは
お電話から受け付けております

受付時間 8:30〜19:30 / 定休日 日・祝・木午後

タップして電話をかける